お坊さんの独り言

活動詳細はHP「妙法庵」で検索ください

臘八接心・お断食唱題修行

12月8日はお釈迦様が

悟りを開いた聖日だそうです。

そのご修行に倣い、

1日から8日までお断食をしながら

お題目を唱え続けるご修行に

行って参りました。

f:id:myohouan:20181209164134j:plain

 

東京都青梅市里山にある妙法寺

ご住職の牧野上人様とは

十数年のお付き合いです。

千葉の清澄道場や、南インドの道場でも

お断食を経験しましたが、

近年は牧野上人様のお寺で

お断食修行をさせて頂いております。

f:id:myohouan:20181209164625j:plain

 

朝5時から夕方6時半まで

休憩なしで、ひたすら太鼓を叩き

お題目を唱え続けます。

今年は一日半、

ご信者の女性も参加されました。

お帰りの後は、二人きりの

ご修行となりました。

 

3日までは水分も抜いた

お断食なので、肉体には

かなり堪えます。

胃液がこみ上げてくることもあり、

牧野上人様は洗面器に吐きながら

ご修行を続けておられました。

お断食に弱い私も

毎回、ヘロヘロです。

 

そして、4日目。

やっと水が飲めます。

水を口にした瞬間と

水分が五臓六腑に

染み渡っていく感覚は

毎回、感動ものです。

f:id:myohouan:20181209165515j:plain

 

水を頂いた後は、

熱い梅湯を10杯ほど

飲み干します。

こうして胃腸を刺激すると

冷え込んだ皮膚から

一気に汗が吹き出し

下剤をかけたようにお腹が

下ります。

 

びろうな話ですが、

黒いタールのような宿便が

排出されて、胃腸が洗浄されるのです。

この浄化作業?が終わるまでは

気が抜けません。

 

でも、出し切ると

本当にスッキリします。

皮膚も艶を増して

細胞全体が

生まれ変わる感覚です。

 

f:id:myohouan:20181209170319j:plain

その後は、生野菜などを頂いて小休止、

5,6日と再びお断食をして

7日に同じ洗浄作業を行います。

体重は2キロ減りました。

 

そして、今年も無事に8日の朝を迎えました。

お釈迦様のお悟りを祝う

成道会をお勤めし、

小豆粥を頂戴しました。

一足早い、新年のお祝いです。

f:id:myohouan:20181209171220j:plain

 

牧野上人様と私は親子ほどの年齢です。

写真では分からないですが、

牧野上人様は片足が義足なのです。

 

不自由な御体に加え、

体力が落ちている中でも、

怠ることなくご修行を勤める

後ろ姿は、雄弁な説法にも勝る

現身説法です。

 

f:id:myohouan:20181209171856j:plain

お寺の前に広がる

茶畑と奥多摩の丘陵です。

 

お断食明けには、

何を見ても新鮮で美しい。

風景や人々が、その姿をもって

教えを示してくれているような

尊い感覚にさえなります。

 

そして、何を食べても美味しい!

胃腸が非常にデリケートになっているので

私の場合、一週間ほどは蕎麦などの

油を控えた食事になります。

お断食は復食を失敗すると

健康を損ねるので、自己流は禁物です。

 

f:id:myohouan:20181209172744j:plain

今回もご一緒にお題目を唱え、

様々な御教示を頂き、対話を重ね

様々な学びがありました。

 

臘八接心は、

一年の総決算でもあり、

来る新年への心構えでもあります。

お釈迦様・日蓮聖人様のご加護や

ご縁のある方々からの

差し入れに支えられて

お勤めさせて頂けたこと

心から感謝しております。

 

この8日間を

ご縁ある皆さんに

形を変えて還元して参ります。

 

その前に、

今しばらくは

食べ過ぎないよう

ブレーキをかけないと!ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんぐりのお料理

秋の摘み草実践コース中級編、

甲州市の「つちころび」さんで

座学と調理の一日でした。

 

f:id:myohouan:20181128174513j:plain

参加者が拾い集めた

どんぐりの数々。

 

f:id:myohouan:20181128175044j:plain

手作りの石器で実を割ります。

これが結構な手間で、昔の人が

食材を口にするまでのご苦労が

しのばれます。

 

私が拾ったクヌギの実はえぐくて

調理には使いませんでしたが、

椎の実やマテバシイ

生で食べても美味しかった!

ドングリを食べたのは、初めての経験です。

朝鮮五葉松の実も初めて食べましたが

いかにも滋養がありそうな味でした。

 

舞子先生のレクチャーの後は

早速、調理開始。

 

そして、女性陣による

摘み草も添えた盛り付け。

f:id:myohouan:20181128175522j:plain

 

f:id:myohouan:20181128182026j:plain

 

f:id:myohouan:20181128175605j:plain

どんぐりの木の実おこわ

どんぐり豆腐トドリムック

アケビ入りラープ風おかずそぼろ

どんぐり味噌田楽

栃の実ぜんざい

栃の葉茶

かや飴

 

どれも絶品!

知らなければピーナッツと間違うほど。

歯ごたえも風味も感動ものでした。

 

f:id:myohouan:20181128180037j:plain

かやの実を混ぜて板状にした

山梨の郷土食。

山梨のみで製造販売されているそうです。

かやの木の多くは早川町に生育し、

七面山参道にもあったように思います。

かやの実は、虫下しに効能ありとか。

 

栃の実は成るまでに30年以上かかる

貴重な木の実だそうです。

京都府・綾部の山村に暮らす

お年寄り達が丹精込めて作った

栃の実のお餅をぜんざいで

デザートに頂きました。

 

大自然の恩恵にあずかる

目から鱗の摘み草講座。

初級編から募集していますので

ご興味ある方は、お問い合わせをどうぞ!

楽しくて美味して、

「食」の足元を見つめなおせますよ~。

 

 

 

 

大月市の岩殿山

奥の院思親閣、七面山に続いて

今日は岩殿山に登って参りました。

f:id:myohouan:20181124190451j:plain

 

戦国時代、甲斐の郡内地方を治めた小山田氏の居城跡です。

元々は9世紀頃に栄えた天台修験の霊場だけあって

切り立つ絶壁の岩山は厳かな雰囲気を漂わせています。

f:id:myohouan:20181124190826j:plain

f:id:myohouan:20181124190916j:plain

大月駅から徒歩で一時間ほど山頂へ。

日帰り登山には、ちょうどいい距離なので

家族連れなどで賑わっていました。

 

f:id:myohouan:20181124191101j:plain

山頂から望む富士山、絶景です!

これで下山なら負担は少ないのですが、

西の稜線を更に登っていくと

f:id:myohouan:20181124191344j:plain

岩場に鎖がいくつもあって、

スリリングな岩壁登りが体験できます。

f:id:myohouan:20181124191529j:plain

写真手前の岩肌から先は

直滑降の絶壁で、足がすくみました。

滑って落ちたら・・終わりです。

クリフハンガー」か!と

突っ込みたくなる岩壁です。

f:id:myohouan:20181124192109j:plain

 

ここは通称「稚児落とし」と呼ばれる難所。

小山田氏の側室が敵陣から逃亡の際、

赤子が泣き出した為、家来が赤子を投げ落とした

悲しい伝説が残る場所なのです。

f:id:myohouan:20181124192624j:plain

こんな高所から想像しただけで

ぞっとします。

戦さは本当に酷いものです。

供養を込めて、歩きながら

お経やお題目を唱えました。

 

余談ですが、岩殿山は天台系修験ですから

回峰行者のように不動真言を唱えて

歩いていたのかもしれません。

試しに、不動真言を唱えながら

歩いてみました。

f:id:myohouan:20181124194018j:plain

「のうまく・さんまんだーばーざらだん

・せんだん・まーかろしゃーだーそわたや

・うんたら・たーかんまん」

唱えてみたら、

アップダウンが激しい山道を

駆け歩く(走る)のに、

このリズムがとても合うのです。

お題目の「なむみょうほうれんげきょう~」は、

平地での行進に適してると感じます。

天台真言修験系を「山の宗教」、

日蓮法華系を「町の宗教」と俗称する

もう一つの意味を体感しました。

 

今日は、私とご縁のあった大切な方が

新天地へ飛び立つ日でもありました。

陰ながら旅路の無事と

新天地での更なる活躍を祈り、

山頂より掌を合わせました。

f:id:myohouan:20181124195104j:plain

ひょっとしたら、岩殿山の下を走る

中央高速道路をバスに揺られながら

移動していたのかもしれません。

お互いの行動に気づかないだけで、

人生は「人間交差点」だから

そんなこともあるかも、と

岩山を登り続けました。

 

f:id:myohouan:20181124195602j:plain

昨夜は満月、そして新嘗祭

日本そして世界が

美しく調和のとれた

毎日でありますように。

 

 

 

11月・久遠道場修行会

f:id:myohouan:20181123173504j:plain

1泊2日の修行体験会、

今月は神奈川県より一名参加、

マンツーマンでご修行に励みました。

感想を掲載させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

一泊二日の修行体験、忙しい日常から離れて

空気の澄んだ自然いっぱいの道場で

寝起きするだけでデトックスになりました。

全ての修行が物珍しくて興味深々でしたが、

そうだ、これは修行なんだった!と

我に返る厳しさも経験できました。

f:id:myohouan:20181123173903j:plain

二日間で何回お題目を唱えたかわかりませんが、

唱えている間、題目に集中することで

瞑想のように、雑念にとらわれずに

いられた気がします。

f:id:myohouan:20181123174331j:plain

修行の合間に、

法拳さんが用意してくださる優しい食事、

お勤めした後のお下がり(仏様からいただくおやつ?)、

地元密着型の気持ちのいい温泉、

早起きして見た、たくさんの星、

山登りの後の奥の院からの景色など、

ホッコリしたりスッキリしたり

暖かい気持ちになることも

たくさんありました。

f:id:myohouan:20181123174200j:plain

なによりも、お坊さん(法拳さん)に

ずっと付いて教えてもらいながら、

お寺参拝やヨガや

身延山登山などができるのは、

またとない貴重な経験でした。

日常に戻っても、

早寝早起きぐらいから取り入れて、

穏やかな毎日を過ごせるように

なりたいなーと思います。

母のお供で七面山

毎年、晩秋に登詣しています。

母は今回が8回目、

今年もお天気に恵まれ

気持ちよいお参りが出来ました。

 

先ずは、登り口の白滝とお萬様へご挨拶。

f:id:myohouan:20181122110727j:plain

 

50丁の山坂です。

 

f:id:myohouan:20181122110917j:plain

 

職人さんが檜の皮を剥いでいました。

f:id:myohouan:20181122111105j:plain

 

台風21号の被害がまだ残っています。

参道は早川町、山林は山梨県

境内地は身延山の管轄と分かれているので

復旧作業に時間がかかるそうです。

f:id:myohouan:20181122111230j:plain

 

奥の院に勤める法友と。

雪囲いの作業をしていました。

f:id:myohouan:20181122111648j:plain

 

本社では野生の鹿が出迎えてくれました。

f:id:myohouan:20181122111826j:plain

f:id:myohouan:20181122111940j:plain

 

質素だけど、

下界の何倍もの美味しさを感じる夕飯。

御神酒は五臓六腑に沁み渡ります。

f:id:myohouan:20181122112032j:plain

 

翌朝のご来光です。

f:id:myohouan:20181122112235j:plain

 

来年、元旦は市川三郷町のご仏舎利塔にて

ご来光を拝んだ後、七面山に登り一泊して

2日朝のご来光を拝んで下山します。

ご一緒に登りたい方がいらしたら

早めにご連絡ください!