お坊さんの独り言

活動詳細はHP「妙法庵」で検索ください

ウルトラマンタロウによせて

幼少期、夢中になった特撮番組、「ウルトラマンタロウ」を
レンタルDVDで懐かしく観ています。

f:id:myohouan:20200524132434j:plain


そういえば、ウルトラマンの造形は仏像をモチーフにしていますよね?
法隆寺弥勒仏の口元、アルカイックスマイルを真似ているとか、
眉間の白毫を取り入れてるとか。

f:id:myohouan:20200524131254p:plain

f:id:myohouan:20200524131216j:plain

長くなるので、この話はまた別の機会にしますが。

 

ウルトラマンタロウ」、昭和48年に製作された子供番組ですが
当時の社会風景とか生活様式、ファッションなどが垣間見れて
ワクワクしながら魅入ってしまいます。

何より、子供向けながら家族愛とか友情、社会正義、

人間として大切な道徳規範をしっかり織り込んでいて、

製作スタッフの意気込みが感じられる番組です。


子供たちに楽しい夢を与えるだけでなく、

人として正しく成長して欲しいという
「真っ当な大人たち」の良心が番組全体にあふれているのです。
だからこそ、40年以上経った今観ても、色褪せないのでしょう。
こんな思い出の番組が、今はネット動画やレンタルDVDで
簡単に視聴できる、便利で恵まれた時代ですね。

 

しかし、昨日、そのネットの誹謗中傷で

22歳の女子レスラーが命を絶つという

痛ましいニュースがありました。
ウィルスによって多くの命が失われていく中、
人間に傷つき、自ら命を失っていく方々が
今、この瞬間にも存在するという異常事態。

出演番組に関する誹謗中傷らしいですが、
普段テレビを観ない私でも、日本のテレビ番組の

劣化は著しいと感じています。
これは人間自体の劣化によるものです。

世界中が劣化してるのかもしれませんが、

先ずは身近な私たち日本人の精神の劣化が
いたるところで本当にひどい。

f:id:myohouan:20200524131818j:plain

 

このブログを暫く更新しなかったのは、
以前書いた通り、コロナによって変るべきは
私たちの精神のありように尽きると感じているからです。


2500年前のお釈迦様が説いた

「現象は心が作り出す」とのお言葉は至言であり、

この根本を立て直さない限り、医療も経済も
本当の意味で改善されないと思うのです。

 

ショックドクトリンというのでしょうか、
コロナ騒動にかこつけて、政府の強引な定年延長論議の挙句、
ご本人がマージャン賭博で辞任、社会の指導的立場の者が
この有様です。劣化極まれり、と断罪するしかありません。

 

ウルトラマンタロウ」の昭和時代が

今より良い時代だったのか、
評価や捉え方は様々でしょう。
けれど、テレビ番組一つをとっても

誠意と愛情を感じられる時代でした。

一言でいえば、人としてやって良い事、悪い事が
社会規範として存在していた。

f:id:myohouan:20200524132143j:plain


今は「グローバル化、多様な価値観」などと、

口当たりの良いご都合主義、

経済第一主義ばかりが先行して、
誠実さや、優しさ、社会モラルが

崩壊していると
危機感を感じざるを得ません。

 

誰かが社会を変えるのではなく、

自分自身が一人の地球市民として、

真っ当な意識に立ち返る
必要性を強く感じる次第です。

 

ウルトラマンタロウ」こと東光太郎は最終回、
変身バッチを海に捨て、

一人の人間として生きることを選ぶのです。

f:id:myohouan:20200524132254j:plain

光太郎を通して、

誠心誠意生きる、

自分の道を真っ当に生きていく姿を
多くの子供達は学びました。


昭和時代の先哲に恥じない生き方を、
私たち一人ひとりがしていかないと、
「怪獣」という名の「人間の闇」に

滅ぼされてしまうのでは
ないでしょうか?

 

知人の方が「昔に進もう!」と仰っています。

そうです、「戻ろう」ではなく

ちょっと昔の、良き生き方に「進んで」こそ、

人間の進化があるのではないでしょうか?

f:id:myohouan:20200524131149j:plain

コロナと向き合う皆さんへ

つらつら、独断と偏見で

独り言をつづります。

ウィルスの特効薬が未だ無いので

ひたすら感染予防に努める日々。


これは福島原発が爆発して

放射能が漏れ出した状況と似てませんか?

被爆を最小限に留める防護策だけで、

未だに放射能を消滅させることは出来ず、

放射能と「共存」して生きざるを得ない状態です。

f:id:myohouan:20200412001142j:plain

未知のコロナも

ひょっとすると「共存」しながら生きるしか

道が無いのかもしれません。

そもそも、こんな厄介なウィルスが

自然発生するのでしょうか?

人工的に作られたウィルス・細菌兵器では?

でも作られたものなら、

その特効薬も作れるはず、既に存在しているのでは?と

期待もしているのですが。

 

f:id:myohouan:20200412001332j:plain

私はコロナウィルスを敵視して、闘うという表現にも

違和感を覚えます。

宗教者が疫病撲滅退散!と祈ることにも

違和感を覚えます。

 

責められるべきは人類の方で

私達が色々な意味で心を入れ替ることで、

ウィルスが変異して無毒化してくれるよう

祈っています。

なぜならお釈迦様が

「あらゆるものに仏性がある」

と仰っているのだから、

当然、ウィルスにも仏性があり

目覚めることができるはずだから。

f:id:myohouan:20200412001443j:plain

 

 

他人事のように

きれいごとを言ってるのではありません。

私も過去にチフス感染症

高熱地獄を味わい、生死をさ迷った経験があるのです。

チフス菌を抗生物質で殺して、

なんとか生還できたわけですが、

チフスが悪いのではなく、

私のこれまでの罪障が引き寄せた

病だったと、猛省した過去から

今回のコロナにも通じる想いがあるからです。

 

f:id:myohouan:20200412001544j:plain

お釈迦様は「心が世界を作り出す」と仰いました。

心はウィルスを生み出しませんが、
その被害から身を守る行動や対策は、

人類の心が生み出します。

感染予防の為の自粛など行動変容が叫ばれていますが、

それよりも心の変容が必要ではないでしょうか?
これまでの私たちの生き方・モノの捉え方を

根本的に見つめ直す時期が到来したのでは、

と感じています。

f:id:myohouan:20200412001734j:plain

 

勿論、経済が回らねば命も落としかねないのですが、

経済をストップしても最低限のライフライン

国民の命を守るのは国の義務なのです。行政の役目なのです。

その視点を国民は誤魔化されないよう、

冷静に見ていかねばなりません。


WHOは現状が長期化すれば、食糧難の危機が来ると警告しています。

そんな事、今さら警告されなくても

何十年も前から叫ばれていたことですし、

食料争奪による世界戦争の方が

コロナより怖いかもしれません。

f:id:myohouan:20200412001857j:plain

 

私個人的には、コロナの次は

食料危機が到来するのでは、

と感じています。

これはコロナより怖い。

奪い合いのために、殺人事件まで

頻発するでしょう。

自給自足とまでいかなくても、

家庭菜園でもいいから

食べ物を育てる知恵を身につけておいたほうがいい。

 

f:id:myohouan:20200412002218j:plain

日蓮聖人の立正安国論

現在、国宝に指定されていますが

現代語訳も本屋さんや図書館(現在は各地で休館中ですね)

で手にすることが出来ますので、

一度お読みになっては如何でしょうか。

 

ウィルスを変えるのか、我々が変るのか。

世界人類が試されています。

 

宮城まり子さんの逝去

f:id:myohouan:20200324152434j:plain

数年前、偶然読んだ雑誌に

ねむの木学園の記事がありました。

その中の一枚、

何かを語りかけているのか

それとも微笑んでいるだけなのか。

とても印象的な写真だったので

切り抜いて額に収め

ずっと飾っています。

 

まり子さんにお会いした方の

感想を読みましたが

聖母マリア様のような

慈愛のオーラに包まれた女性だったそうです。

天性の資質だけでなく、

大変なご苦労の中から

醸し出された雰囲気だったのでしょう。

 

「やさしくね

 やさしくね

 やさしいことは

 強いのよ」

 

まり子さんの母親が

常に口にしていた言葉が

まり子さんの代名詞のように

なりました。

 

28日から

ねむの木村にて

一般からの弔問台が

設置されるそうです。

時間がとれたら

ねむの木に伺ってみたいと

思っています。

 

東日本大震災9年・慰霊行脚

震災以来、毎年続けている
3・11慰霊行脚。
今年も国道6号線、旧陸前浜街道
茨城県高萩市から福島県いわき市まで
北上しました。

f:id:myohouan:20200311101638j:plain

 

毎年同じルートを歩く事で
復興の度合を知ることができ、
沿道住民の方々に太鼓の音を
耳にして頂く事で、何かを
感じて頂けたら、と歩いています。

 

出発は高萩市松岡にある

日蓮聖人の高弟・日弁上人墓所から。

墓所も震災でバラバラに

倒壊しましたが、無事復興されました。

f:id:myohouan:20200311084004j:plain

 

 

北茨城市の国道沿いに建つ

地蔵堂

地域の方が供花や掃除を怠らず

きれいに護持されています。

この日は、各地蔵様に

炊き立てのおこわが

供えてありました。

f:id:myohouan:20200311104033j:plain

 

毎年、卒塔婆を供えて

お参りさせて頂いております。

昨年供えた慰霊卒塔婆

壁に貼り付けてありました。

地域の方々のお心が感じられます。

f:id:myohouan:20200311104028j:plain

 

今回は、ご縁のある方が

途上、車で駆けつけて
共に巡礼をしたいとお声かけ下さり、

有難く同乗させて頂きながら
茨城・福島の津波殉難の海岸にて
ご供養を行いました。

f:id:myohouan:20200311112206j:plain

 

上記の場所は北茨城市平潟漁港です。

下記の写真は大津漁港、

震災当初は、右奥に見える建物屋上に

大型漁船が乗り上げる惨状でしたが

9年経ち、今は整備された漁港に戻りました。

f:id:myohouan:20200311105630j:plain

 

最後の慰霊場所は

例年通り、いわき市四ツ倉の波立海岸です。

絶景の弁天島周辺も
年毎に復興が進み、 防潮堤も完成しました。

f:id:myohouan:20200311152354j:plain

 

浜辺に降りて

お題目を唱えながら

持参した卒塔婆・お供物やお神酒を

同行の方に流して頂きました。

 

ご供養が終わり、同行の方が

砂浜に打ち上げられた小石を

拾い上げたら

子供の字で『パパ』と書いてあったそうです。

f:id:myohouan:20200311151821j:plain

 

f:id:myohouan:20200311104528j:plain

 

今回の慰霊行脚に際し、

同行は出来ずとも

ご供養の想いを届けたいと

お供物代や移動経費の

お布施を寄せて下さった

篤信の方々にこの場をお借りして

心よりお礼申し上げます。