お坊さんの独り言

活動詳細はHP「妙法庵」で検索ください

月例山梨法話会

月に一度の法話会。

今月は釈尊降誕会に因んで

お誕生佛を供えました。

皆さんとお題目を唱えながら

甘茶をおかけしました。

f:id:myohouan:20180423204144j:plain

 

甘茶は花粉症にも

効能があるそうです。

 

15gほどを鍋で煮出し、

お風呂に入れると

アトピーにも薬効があるのだとか。

小分けにして

皆さんに持ち帰って頂きました。

 

f:id:myohouan:20180423204312j:plain

「人は生まれによって

 何者かになるのではない。

 行いによってこそ、

 何者にでもなる。」

 お釈迦様のお言葉です。

 

「人としての振る舞いを

 お釈迦様は教えられた」

 日蓮様のお言葉です。

 

天上天下唯我独尊」

「貴い」は、何かと比較して貴いという意味。

なるほど「貴族」とは、よく言ったものです。

尊い」は、そのままで尊いという意味。

生きとし生けるものは、あまねく尊い

 

頭や口先でなく、

当たり前のことを

当たり前に捉えられる

人間になりたいものです。

 

 

観音様からのご褒美

南房総の知人宅で

施餓鬼供養を勤め、

その足で富津市金谷にある

会員制カフェ「エドモンズ」さんへ。

詳細は下記の記事をどうぞ。

お店もマスターも素敵なお店です!

https://futtsu.co/1438

f:id:myohouan:20180421144102j:plain

 

このカフェの支配人を勤める

美光さんとは、久遠道場の

宿泊修行に参加したご縁で

今でも交流が続いています。

後にお姉さんも修行に参加され、

姉妹揃ってお題目に

ご縁を結んで下さった方々です。

 

美味しいコーヒーを頂いた後、

歩いてすぐの金谷港にて

沈みゆく夕陽を鑑賞。

靄が無ければ、正面から富士山が

拝めるそうです。

潮の香りに、身も心も

さっぱりしました。

f:id:myohouan:20180421144233j:plain

f:id:myohouan:20180421144514j:plain

 

夜は近くのゲストハウスに宿泊。

お店の漁船で釣り上げた

旬の魚料理を朝食に頂きました。

f:id:myohouan:20180421145622j:plain

 

富津といえば

東京湾観音、

念願かなって初めて参拝しました。

f:id:myohouan:20180421145806j:plain

f:id:myohouan:20180421145844j:plain

 

篤信の方が世界平和を願い

私財を尽くして

昭和36年に建立したそうです。

f:id:myohouan:20180421150137j:plain

 

拝観料500円を納め、

胎内を階段で登っていくと

様々な仏様が祀られており

房総が生んだ聖者・日蓮聖人の

お像も奉安されておりました。

f:id:myohouan:20180421150409j:plain

 

56mの最上部から覗く下界。

柵がありますが、

強風にあおられ

足がすくみます!

f:id:myohouan:20180421150646j:plain

 

素晴らしい観音様でした。

一万人以上の方々によって

完成されたそうですが、

発願者の気高い志が

観音様に宿っているようにも

感じました。

 

施餓鬼供養のご褒美に

観音様から有難い骨休めを

頂戴した2日間となりました。

f:id:myohouan:20180421151218j:plain

 

 

 

一期一会

連日、ご縁ある方々が

道場に訪ねて来て下さり

新緑の身延山を満喫しております。

昨日は大阪で住職を勤める

法友夫妻とご信者さんが

道場に宿泊し、旧交を温めました。

在家出身同士、共に精進し奮闘してきた

有難い仲間です。

f:id:myohouan:20180419181709j:plain

 

出会いと別れを繰り返して

人の一生は過ぎていく。

最近、つくづくそう感じます。

 

「会った時が別れの時、

 でもあるから

 出会いを大切にしよう。」

そんなフレーズを思い出しました。

 

竹内まりやの名曲『駅』。

人生の一期一会にも

通じる歌詞だなと

久しぶりに聴き惚れました。

www.youtube.com

 

 

涙の色

春は動き出す季節。

皆さんも何かと気忙しい

日々ではないでしょうか?

 

f:id:myohouan:20180415183621j:plain

私は実家にて田耕し作業。

赤いtractor、農家のベンツです(笑)

 

f:id:myohouan:20180415183936j:plain

今年も季節の移ろいが早くて

f:id:myohouan:20180415184218j:plain

春爛漫だったのに

 

f:id:myohouan:20180415184105j:plain

もう新緑が眩しいこの頃です!

植物は地球の変動を

一番自覚しているのでしょうか?

 

f:id:myohouan:20180415184424j:plain

移動の途中に見る

大好きな風景、

早朝の本栖湖です。

湖畔の澄んだ空気と

静寂が伝わるでしょうか?

 

過日は初身延山のお客様が

道場にて宿泊。

参詣に同行させて頂きました。

f:id:myohouan:20180415184913j:plain

f:id:myohouan:20180415184948j:plain

ご草庵跡わきにある

杉の根っこ。

お坊さんが拝んでる姿に見えませんか?

 

f:id:myohouan:20180415185130j:plain

f:id:myohouan:20180415185228j:plain

奥の院から望む

白峰三山

f:id:myohouan:20180415185321j:plain

 

お客様は、

ご主人様を亡くされて

まだ一年も経たないご婦人でした。

伴侶を亡くされた当事者たちの

自助グループに月一度通っているそうです。

数あるグリーフケア団体の中から

お寺が主催しているグループを選んだそうです。

 

お互いに辛い胸の内を話せて、

自由に泣ける場所だそうです。

住職のお説教や読経、

アドバイスも一切なし。

 

代表を務める尼僧さんが

ポツリと仰ったそうです。

「時間と共に、

 涙の色も変わってきますよ」

 

涙の色」、

その素敵な言葉に

ご婦人は気持ちがハッとしたと言います。

その尼僧さんも

ご主人が他界してるので

実体験から出た言葉なのでしょう。

 

お帰りの朝、

依頼されたので

一緒にご供養の読経を

行いました。

後ろから鼻をすする音が

頻繁に聞こえてきました。

 

誰でも遠慮なく泣くことが出来て、

心が解きほぐせる場所が欲しい。

現在もそのような活動をしていますが

もし、自分のお寺が持てたなら

そんな活動を中心にしていきたい。

切にそう思いました。

 

 

 

 

 

 

樹齢2000年・神代桜

桜を愛でる毎日ですね。

北杜市神代桜を観に行きました。

実相寺という日蓮宗

お寺さん境内に咲く桜です。

f:id:myohouan:20180330160436j:plain

 

桜祭り開催初日でしたが

ほぼ満開でした。

それにしても樹齢2000年とは凄い!

f:id:myohouan:20180330160558j:plain

 

様々な桜が楽しめます。

お寺なので、御朱印

書いて下さいますよ。

f:id:myohouan:20180330160725j:plain

f:id:myohouan:20180330160758j:plain

桜の下に咲く

水仙の群生も

見事です。

ぜひお出かけください。

 

しだれ桜法話会

甲斐市で毎月開催の法話会。

身延山のしだれ桜が見ごろを

迎えた時期なので、

例年通り観桜法話会となりました。

f:id:myohouan:20180327124815j:plain

 

ここ数日で一気に

開花の速度が上がっています!

厳しい冬の寒さを乗り越え、

身延山がいちばん美しい季節です。

f:id:myohouan:20180327125042j:plain

咲き誇る?咲き乱れる?

日本の桜10選で有名な

樹齢400年のしだれ桜も

間もなく満開です。

 

午前中、ご廟所にて

お経と御題目を上げ

久遠寺境内を散策させて

頂きました。

f:id:myohouan:20180327125437j:plain

f:id:myohouan:20180327125520j:plain

 

久遠道場にて

皆さん一品持ち寄りの

美味しい昼食会。

お腹も心も満腹です。

f:id:myohouan:20180327125655j:plain

 

今回は「ご縁」について

お話させて頂きました。

縁・絆・縫・・

「つながる」意味を表す漢字には

すべて「糸」へんがつくのですね。

中島みゆきの名曲『糸』も

そんな内容の歌ですね。

f:id:myohouan:20180327130926j:plain

 

桜は陰の気を吸い上げ

パッと花咲き、

陽へと昇華するんだそうです。

 

日蓮聖人苦難のご生涯が

御題目によって昇華された聖地・

身延山に、どうぞお参りください。

 

 

修行会の感想を掲載します

 過日のバレー部員修行会。

「練習ノート」という

 日々の記録を部員たちは

 書き記しているそうで

 先生が感想を送って下さいました。

 

 彼女達が修行を通して

 自分と向き合った軌跡を

 ここに掲載させていただきます。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎山登りは辛い時があって、

 もう止めたいとか思ったりしたけれど、

 みんなの必死に登っている姿や

 大きな声を出していて、
 自分は絶対に一人で登っていると

 頂上までたどり着けなかったと思うので、

 みんながいる大切さを改めて感じました。

 

◎瞑想をしていて、とても落ち着きました。
 最後に

 「生きとし生けるものが幸せでありますように」
 という言葉を三回心の中で言いました。
 私はこの時、嫌いな人に対しても

 幸せであるようにと思える

 心の広さが大切なんだなと思いました。

 

◎一番心でスッキリしたのは、

 先輩を待っている時に

 先輩の所まで行って手をひっぱり、

 一緒に来たことです。
 このような素直な行動を

 当たり前にしていきたいと思った。

 

◎瞑想では心をとても落ち着かせる

 ことが出来たので、勉強でも部活でも

 集中力が切れた時とかは、

 使いたいなと思った。

 

◎頂上に着いた時は、

 辛くて苦しくて大変だったけど、
 すごい達成感で、おもわず涙が出た。
 改めて仲間の大切さ、

 自分のダメなところが分かり
 辛かったけど、とても良い経験になった。
 今日の修行会で学んだことを

 生かして少しでも勉強、日常生活で

 生かしたいと思った。

 

◎声を出し続けるのは

 呼吸が荒くなっていくにつれて
 大変だったけど、最後まで

 自分と向きあい、声を出し続けることが出来た。

 

◎瞑想をすると気持ちが少し楽に

 なったような気がして驚いた。

 また、とても清々しい気持ちになった。
 バレーで気持ちが落ち着かないことが

 多々あり、ミスをしてしまう部分が

 沢山になってしまう時があるので、

 そんな時に呼吸を意識して

 気持ちを落ち着かせてから、

 一つ一つのプレーを大切に
 していきたいと思った。

 

◎山登りをみんなが終えた時に、

 すごく清々しい顔、笑顔、
 泣いている人もいて、

 すごく頑張って来たのが伝わって
 自分ももっと頑張ろうと思ったし、

 勇気をもらうことができた。
 とにかく早く怪我を治して、

 お坊さんに教わったことを生かして

 プレーをして、いつか先生に

 恩返しのプレーを見てもらう!

f:id:myohouan:20180326195757j:plain