お坊さんの独り言

活動詳細はHP「妙法庵」で検索ください

10月・1泊2日修行会

今回は静岡県より

ご修行に来られました。

お仕事やご自身の関係上、

マインドフルネスに関心を

寄せておられ、お題目修行を通じて

何かを会得されたようです。

以下、ご感想を掲載させて頂きます。

 

-----------------------------

過去や未来について、

考えても仕方のないことを
考え続けるクセがずっと抜けません。

頭の中の出来事に支配されて、

今を生きていない自分は
このままでは残りの人生も
目の前の出来事が

ただ流れていくままになってしまう。

せっかく生きているのに、

それでは死んでいる事と同じ。


ではどうしたら今を生きられるのか。
今ここに集中する方法について

調べ始めて、本を読んでみるのですが
・・・また頭の中で反芻が起こります。
活字からイメージも湧きません。


これは誰かに教えてもらうとか、

一緒にやってもらうとか
そういうことが必要だ!

と思っていろいろ調べて

たどり着いたのが
こちらの1泊2日の修行会でした。

 

法拳さんが2日間のメニューを

こちらの事情をくみながら
作ってくださっていたことが

大変ありがたかったです。
どのメニューも新しい気付きがありました。

 

中でも食に対しての構え方については
日々の中に是非取り入れて

いきたいと感じました。
ストレスや疲れが溜まると

むちゃ食いをすることも多く
自分の胃腸を痛めつけていました。

それがどうしてもやめられないのです。

 

f:id:myohouan:20181016173619j:plain

今回、食事の意味や食材について

丁寧に考えながら
恐らく初めて本当の「食事」が出来ました。
食べ物をいただくことに

こんなに集中できるとは
嬉しい驚きでした。

 

また、唱題修行について

見ているだけではわからない
本当に愉快な体験をしました。

私の場合、

瞑想やただ座っての題目修行時には
やはり雑念が居座る時間が

長くなってしまう。
雑念を切り離す時も、

無理に追いやっている。

 

法拳さんが傍にいるので、

他者の目がある事にやや意識が向き
完全に自分の中に意識が向いてしまう、

ということも無かったのですが
持ち帰って実践するのは

効果がないかもしれない
自分には合っていなかったかな、

と一旦は思ったのですが・・・

 

f:id:myohouan:20181016173719j:plain

 

2日目の身延山登山をしながらの題目修行で
雑念らしきものは降ってくるものの、

降ってきてもそれを吟味せず
すぐにポーンと手放すことが出来るようになり
「ああ、このやり方使えるぞ」と思いました。

 

降ってくるのは

大抵今まで出会った人の事なのですが
2時間の登山中にそのネタも切れたのか(苦笑)
自分と面識のない不特定多数の

世の中の様々な人に思いを巡らしたり
お題目にはそういう意味は無いでしょうが
唱えている毎に不思議と、

自分も身近な人も身近でない人も
知らない人も動物や虫も

「頑張れ!頑張れ!」という
普段行きつかない心持になってくるのです。

 

f:id:myohouan:20181016173938j:plain

 自分は他人に不満を持ちやすい人間ですが
こういう心持になることもあるのか、

とこれは嬉しい発見でした。

 

2日間、いろんな場面で

このお題目を唱えたことで
お題目のリズムが

山登りの体の動きと一緒に
身体に記憶させることが

出来たのだと思いますが
ふとした時間、頭の中で

反芻してしまいだすようなタイミングで
お題目が頭の中にループしだすという

現象が修行会の後に起こり
そんな自分にも愉快な心持ちがしました。

 

仏教について信じているかといえば
私はまだまだ半信半疑でしょうが
このリズムは

マインドフルになるのに使える!と思い

歩きながら、自転車を漕ぎながら
あのリズムを生活の中に

取り入れてみようかなと思っています。

f:id:myohouan:20181016174126j:plain

 

法拳さんには2日間、

本当に丁寧に接していただき
本当に感謝しています。
いろいろ動いて

身体はかなり疲労しましたが
頭は大変にスッキリした2日間でした。


教わったことをそのままにせず
少しでも自分の生活の中に取り入れていき
この機会を後々から考えても

意味のあるものだったと思えるように
頑張りたいと思います。
2日間、どうもありがとうございました。

 

大人の遠足・南アルプスとゼロ磁場

ご縁の方々と南アルプス林道を

大人の遠足。

日帰りバスツアーの企画、

乗務員さんが丁寧に説明してくださるので、

名山に疎い私でもよく理解できました。

 

甲府市伊那市を結ぶ林道バスが

運行されていますが、

途中の夜叉神トンネルまでは

自家用車で通行できるため、

多くの登山客で賑っています。

 

f:id:myohouan:20181008120642j:plain

標高1500mの広河原から望む北岳

南アルプス市にある標高3,193m、日本第二の高峰です。

快晴の中、間ノ岳農鳥岳もよく望めました。

 

f:id:myohouan:20181008121930j:plain

富士川や早川の源流である

野呂川

ヒマラヤの高山を思い出すような

山並みと清流でした。

紅葉も始まっており、

10月中旬が見頃のようです。

 

標高2032mの北沢峠を越えて

長野県伊那市分杭峠・ゼロ磁場に向かいました。

ここは、言わずと知れたパワースポット。

 

日本最古の断層「中央構造線」が縦貫する

分杭峠の一角には、世界的にも有数の

「氣」場があります。

体調が良くなったり、病が改善されたりと

多くの方が訪れています。

何も感じない人でも、磁場の影響を受けているので

心身に良いのだとか。

f:id:myohouan:20181008123236j:plain

 

私は5年ぶりの再訪でしたが

前回より氣を体感することが出来ました。

 

分杭峠から延長線を引くと

伊勢神宮高野山・吉野の千本桜と続き、

それぞれ良い磁場が発生している聖地だそうです。

ちなみに関東でのゼロ磁場は、

厚木市七沢温泉近辺が有名です。

 

f:id:myohouan:20181008123811j:plain

桂が黄色に紅葉し、

甘い香りを放っていました。

 

日本には美しい山河や海、

そして見知らぬ街並みと

地域民の暮らしが幾所もあります。

時には日常を離れ、知らない土地を

歩いてみるのも良いものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こぴっと畑の草刈り

甲州市にある

「こぴっと畑」で草刈りの

お手伝いをしてきました。

「こぴっと」は甲州弁で「しっかり」「ちゃんと」

を意味します。

野草講座でお世話になっている

鶴岡さんが耕作放棄地を

「こぴっと」整備して

「こぴっと」野草や生き物たちの環境を

調えているビオトープです。

 

f:id:myohouan:20181004150503j:plain

 

猛暑と長雨で伸び放題になった畑。

刈り払い機で、ひたすら刈りまくります。

f:id:myohouan:20181004153526j:plain

 

畑には様々な植物たちが生育しています。

けれど、これが素人には分かりません、

鶴岡さんに教えていただきながら

植生を学んでいきます。

f:id:myohouan:20181004150923j:plain

これは小豆の原種。

f:id:myohouan:20181004153609j:plain

一般的な小豆より小さいですが、

逞しく野草と共生しています。

 

f:id:myohouan:20181004151125j:plain

セイダカアワダチソウ、

名の通り私の背丈を超えています。

花粉症のイメージがありますが、

まったくの汚名で、花粉自体は

虫が運ぶので空気中に飛散しません。

昔のインディアンは葉を

喉や歯の痛みに使っていたそうです。

 

f:id:myohouan:20181004151632j:plain

とあるタイミングで採取し、

水洗いして干してから入浴剤として

使用します。

とても爽やかな香りがします。

こうして調えると、雑草が立派な商品になります!

 

f:id:myohouan:20181004151914j:plain

エノコログサ、通称「猫じゃらし」。

これを鶴岡さんは、「ふりかけ」に加工して

人気商品としています。

これが食べられるなんて!

f:id:myohouan:20181004152107j:plain

垂直より、しだれた穂が良いのだとか。

食感や採取時期など、すべて経験で

培った智慧だそうです。

草刈りと並行して、たくさん採取しました。

f:id:myohouan:20181004152746j:plain

 

摘み草は手袋をせず、文字通りに

手で摘んだほうが手折る箇所や、

どの穂が良いかなど感覚で分かってきます。

目が慣れてくると、探している植物の方から

「ここにいるよ」と言わんばかりに

すぐ見つけられるので面白いですよ。

 

午前中から始めた草刈りは、

夕方になっても終わらず、

日が暮れてからは

室内で採取した野草の選定作業などを

お手伝いしました。

農作業と同じで、

自然相手のお仕事は、

これで終わりという区切りがありません。

f:id:myohouan:20181004153347j:plain

 

けれど、地に足をつけて暮らす意味が

ダイレクトに実感できるお仕事でもあり、

鶴岡さんとも語り合ったのですが

摘み草は、一つの生き方だと思うのです。

そこに私も共鳴しているので

こうしてお手伝いさせて頂いてます。

 

これから地球規模で

食糧難の時代がやってくる

かもしれません。

野草は救荒植物の役目も担っており、

食料に対する自立した認識と智慧

持つことが大切です。

 

そして、もっと大切なのは

調理法や薬効を知ることより

地球に生きるということ、

我が命と他の命を尊ぶこと、共生の意味を

自らに問うて生きていくことだと

感じるのです。

それを野草たちは、声なき声と

自然な姿で教えてくれていると思います。

f:id:myohouan:20181004155628j:plain

 

気取った言い方をすれば、

坊さんも一つの「生き方」だと

私は思うし、宗教とは

本来そういうものだろうと思うのです。

教義を知っていても、

何らかの修行を達成したといっても

人間性が壊れている坊さんはいます。

 

私も欠けている箇所が沢山ある

未熟な坊さんですが、

こうして野に立って汗を流すことで

心身から余分なモノが放電して

宗教の本質が感じ取れるような

爽やかな気持ちになれるのです。

f:id:myohouan:20181004155430j:plain標高500m、

甲州の爽やかな秋風が

吹き抜けていく野良仕事でした。

 

 

 

 

 

 

身曾岐神社と御廟所と

台風一過の10月1日を迎えました。

毎月1日は、北杜市身曾岐神社で行われる

古事記を読む会に参加しています。

仏典とは違った新鮮さと面白さを学んでおります。

今日は境内にある能舞台

結婚式が執り行われていました。

f:id:myohouan:20181001214640j:plain

 

10月の神無月(かんなづき)は

神様が出雲に集合してしまうので

不在なのだ、というのが市井の認識です。

でも、講師の宮司さんが

違った解釈を教えて下さいました。

10月は収穫の季節、食べ物を神様が下さる月。

だから、かみのつき、と呼ぶのが相応しい。

大自然との関係を見れば、納得の呼称だと思いました。

 

勉強会の後は身延の道場に戻り、

法話会のメンバーであるご夫妻と

ご廟所へ参り、共に太鼓を叩いて読経しました。

いつものことながら、

ご廟所の清々しい空気が

とても気持ちいいと喜んでおられました。

f:id:myohouan:20181001214908j:plain

今回、ご夫妻が身延に来た

もう一つの理由は、仏具を調えるためです。

お仏壇で読経をするために、お鈴と木鉦、

そして自分用のお経本が欲しいとの事でした。

 

一般の方には馴染みが薄い仏具でもあり、

使い勝手も含めて、どれを選んだら良いか

見当もつかないと思うので、私が同伴して

使い方も説明しながら購入しました。

 

余談ですが、仏具はどこで購入されても

そう大差はありません。

ですが、日蓮宗専門の仏具となると

品数や品質も含めて、身延山の仏具店に

勝るところはないと思います。

参道には沢山の仏具店が軒を並べていますし、

一般の仏具店には無い珍しい品も揃えてあります。

身延山参詣の帰りに仏具店に立ち寄って

自分好みの仏具に触れてみることをお勧めします。

 

私と同世代のご夫妻、

お題目の信仰を自然に受け入れて

日常生活の柱とされています。

明日からご自宅の仏壇で、

木鉦とお鈴の妙音が響き渡ることでしょう。

 

 

 

 

大豆の花

29,30日の1泊2日修行会、

仙台から参加申込があったのですが

数日前にご家庭の事情でキャンセルとなり、

開催中止となりました。

今日の悪天候を見るにつけ、

天はベストなタイミングで

取り計らってくださいます・・・

 

お彼岸が終わり、

地方の田んぼでは

稲刈りも終盤にさしかかっています

f:id:myohouan:20180930203556j:plain

 

我が実家では、

減反と人手不足のため

今年は米を作らず、

人手に貸して田に大豆を植えています

f:id:myohouan:20180930203831j:plain

 

田んぼに大豆とは、

なんとも勿体無い光景ですが

これも農家の現実です

米を作らずとも畦の草は

猛烈に生い茂るわけで

今回も2日間に亙って

草刈りに汗を流しました

f:id:myohouan:20180930204441j:plain

 

大豆の花です

目にすることは少ないと思いますが

こんなに可憐な花を咲かせるのですね

 

私が子供の頃、

稲刈りの時期にはイナゴや赤とんぼが

乱舞して飛び交っていました

今は農薬や生態系の変化からか、

昆虫の数がめっきり少なくなりました

f:id:myohouan:20180930205142j:plain

 

それでも草刈りを終えた夕方には

赤とんぼの群生が

田の上を舞っています

わずかな寿命を完全燃焼しているように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妙法庵・秋季彼岸会

皆さんが持ち寄ったご先祖のお位牌を供え、

共にお太鼓を叩きながらお題目を唱えて

お彼岸のご供養を行いました。

f:id:myohouan:20180924214746j:plain

ご近所の高齢女性は、

今日のディサービスを早退して

法要に来たそうです。

施設の方に早退の理由を尋ねられ、

訳を話すと、周りで聞いていた利用者さん数人が

「私たちもそっちに行きたい!」と言い出して

職員の方にたしなめられたとか。

利用者さん達のお気持ちが

分かる気がしました。

 

以前、ヘルパー資格取得のために

実習でグループホームなどの施設に

伺った時、これは本来お寺でも出来ることでは?

と感じたことがありました。

 

もちろん、身体介助などスタッフや設備が

整わないと出来ないことは多々あります。

 

それでも日常生活がなんとか送れる

高齢者が集い、みんなでお経を読んだり、

瞑想をしたり、お坊さんの法話を聴いたり、

皆さんとお茶菓子を食べながら

四方山話をするだけで、どれだけ心が安らぎ

身体にも良い影響を与えることだろうか、と

よく思うのです。

f:id:myohouan:20180924220446j:plain

希望者が来れないなら、

施設にこちらから出向いて行き、

お経や法話会を開くことを検討したり、

積極的に働きかけた時期もありました。

 

けれど、宗教に対する偏見もあり

一部の方々の抵抗感や嫌悪感にも配慮して、

要望がない限り、開催しない方針に決めました。

もし、こちらから出向くことを希望する方々が

いれば、喜んでお伺いしますのでお声かけ下さい。

 

今日の法要後の法話は、

お題目の信仰者でもあった

故・樹木希林さんのインタビュー記事を

お伝えしました。

参列者の中には涙を拭う方もいらしたので

引用とはいえ、お伝えできて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

9月29,30日体験修行会募集

身延町・久遠道場での
体験修行会を開催します。
現在、女性1名申込中です
参加ご希望の方は、26日までに
ご連絡ください。
 
以前、参加された方の体験レポートが
とても参考になりますので、ご覧ください。